新着情報 / トピックス

トピックス_中国_ニトロ化プロセスの自動改造ガイドライン(試行版)意見請求稿 について2023.09.19

「危険化学品の安全生産に於ける旧式技術・設備を禁止又は制限するリスト(第2版)案」の、公開(2023.08.04)に引き続き、中国・応急管理部から、「化学企業に於けるニトロ化プロセスの全工程自動化改造のガイドライン(試行版)」意見請求稿が、開示されました。(2023.09.08)

https://www.mem.gov.cn/gk/zfxxgkpt/fdzdgknr/202309/t20230908_462133.shtml

 概要は、

・プロセスの危険度等級3級以上のニトロ化プロセスは、原則としてマイクロリアクター、フローリアクター等の先進技術を採用すること。(総則;1)

・ニトロ化作業現場には、同時に2人以上の作業員(検査担当を含む)が居てはならない。(総則;2)

・原料、製品等の熱安定性測定試験を実施し、安全リスク評価を実施すること。(総則;5)

・基本制御システムの制御機器等は、冗長化して置くこと。(一般;3)

・重点パラメーターをリアルタイムで監視し、インターロック・緊急停止の機能を備える。(一般;4)

・基本制御システムには、UPS(無停電装置)を並列設置すること。(一般;5)

・可燃性ガス・有毒ガスの検知・警報装置、遠隔ビデオ監視装置を設置すること。(一般;8、9)

・固体原料を反応釜に投入する場合、自動供給装置を設置すること。(原料;13)

・プロセス危険度等級3級以上の場合、バックアップ電源としてEPS緊急電源を採用。(反応;19)

・反応釜には、流量、温度、攪拌電流、冷媒温度等の監視と遠隔送信設備を設置すること。(反応;23)

等です。

 

トピックス_中国_危険化学品に関する違法事案7件の公開2023.09.06

市場監督管理総局等の7部門が、最近発生した危険化学品関係の違法事案摘発事例を7件公開しました。

https://www.samr.gov.cn/xw/zj/art/2023/art_686b2b1654a54f008ed1097621b79c62.html

 

主に、「危険化学品安全管理条例」に関する違反ですが、事例7では“集荷過程に於ける安全検査体制が未整備のために、運送禁止品の配送を行った“ことで、物流会社が「中華人民共和国テロ対策法」違反で、摘発されています。この事例はネット販売品の少量配送に関するもので、輸送禁止品が何であるかは分かりませんが、注意が必要です。

 

トピックス_中国_旧式な危険化学品生産技術・設備の排除目録(第2版)意見請求稿 について2023.08.18

“旧式危険化学品安全生産プロセス技術及び設備の排除目録(第2版)案”が、応急管理部から意見請求稿として公開になっています。

https://www.mem.gov.cn/gk/zfxxgkpt/fdzdgknr/202308/t20230804_458419.shtml

 同(第1版)は、“直火を用いての塗料用樹脂生産の禁止”等でしたが、今回の第2版の案では、“42化合物のバッチ式/セミバッチ式ニトロ化プロセスの禁止”や、“酸塩基交互式の固定床過酸化水素製造プロセスの禁止“等が含まれています。 

バッチ式のニトロ化反応については、危険性が高いことから、42化合物については连续釜式硝化生产工艺(連続バッチ式ニトロ化プロセス)、微通道反应器(マイクロリアクター)、管式反应器(フローリアクター)技術を用いる製造方式に変換するように求められています。(案では制定後2年以内に改造を完了。その後バッチ式は禁止)

まだ案の段階ですが、ジニトロベンゼン等が記載されており、今後動向を注意する必要があります。

 

トピックス_中国_農薬生産許可管理弁法(修正案;意見請求稿)について2023.08.14

中国・農業農村部は、「農薬生産許可管理弁法の公布以来、農薬業界に大きな変化が起こり、農薬生産においても新たな状況や問題がいくつか生じている為」に修正案を提案しています。

http://www.zzys.moa.gov.cn/tzgg/202305/t20230519_6427968.htm

主な変更点は、以下の項目になります。

・第9条の追加;農薬原体生産企業の新設、移転、生産能力変更の場合の要件。

・第23条の追加:委託加工契約の締結と要件。(原体生産の委託は禁止:第21条)

・第26条の追加;農薬登記証明書の貸借・貸与の禁止。

また、「農薬登記管理弁法(修正案;意見請求稿)」、「農薬経営許可管理弁法(修正案;意見請求稿)」も同時期に提案しています。

 

トピックス_タイ_保健省_アスパルテームの安全性についてコメント2023.07.25

WHOの専門機関、IARC(国際がん研究機関)は7月14日、人工甘味料のアスパルテームについて「発がん性の可能性がある」として、4段階の分類のうちガソリンによる排ガスなどと同じ下から2番目に指定したと発表しました。

これに関して、タイ保健省食品医薬品局(FDA)の副局長は2023年7月18日、FDAが認可した人工甘味料の使用基準や保健省告示に従って使用していれば安全であるとコメントを発表しました。https://oryor.com/media/newsUpdate/media_news/2543

 

トピックス_中国_領事保護・援助条例について2023.07.19

中国・国務院は、この度「中華人民共和国領事保護・援助条例」を制定しました。(国務院令第763号。2023年7月13日公布;9月1日から施行)

https://www.gov.cn/zhengce/content/202307/content_6891760.htm

国務院報道弁公室の説明会では、「在外中国国民、法人、非法人組織の正当な権益をよりよく守るための行政法規であり、中国が法に基づいて領事保護・援助の能力を向上させるためのものです」と説明しています。

尚、「領事保護・援助」とは、在外中国国民、法人、非法人組織の正当な権益が侵害された場合、又は援助が必要な場合、在外公館が法に従ってその正当な権益を守り、また援助を提供することです。

 

お知らせ_夏季休暇はありません。2023.07.14

弊社では各自で夏季休暇を調整しますので、カレンダー通りに業務を行います。

トピックス_中国_Ga、Geに関する輸出規制の実施_商務部2023年23号2023.07.04

中国の商務部及び税関が、国家の安全と利益を守る為に“ガリウム(Ga)とゲルマニウム(Ge)関連製品の輸出規制を本年8月1日から実施する“と公告しました。(2023.07.03)

http://www.mofcom.gov.cn/article/zcfb/zcblgg/202307/20230703419666.shtml

 中華人民共和国輸出管理法(施行2020.12.01)等の規定に基づく規制処置とのことです。GaやGeは半導体材料等に用いられる希少元素であり、“輸出禁止”ではありませんが、規定に従って輸出許可を得る必要があり、半導体業界への影響が懸念されます。

ご参考に、 仮訳、及び“輸出管理法”を添付。

お知らせ_製品カタログの更新2023.06.16

取扱製品リストを更新しました。(2023.06.16)

トピックス_中国_生態環境行政処罰法(改正版)が7/1から施行2023.06.12

生態環境保護に関する法律・法規等に違反する場合の、行政処罰の手順等に関する弁法(条例)が、改正され、本年7月1日から施行されることが、生態環境部から公布されています。

https://www.mee.gov.cn/xxgk2018/xxgk/xxgk02/202305/t20230516_1030091.html

 上記“生態環境行政処罰弁法”は、2021年施行の改正版ですが、主な改正点は以下の様です。

・重複した処罰の禁止(7条):当事者の同一違反行為に対して2回以上罰金を科さない。

・行政処罰の裁量権に関する規定を整備した。(41条)

・行政処罰を与えない条件(42条):違法行為が軽微且つ速やかに是正された場合、初めての違反で生態環境危害が軽微な場合、過失がない場合は、行政処罰を与えない。

・行政手順を標準化した:聴聞会実施条件(46条)を追加、重大な違反行為に対する集団審議の精緻化(52条)行政処罰に関する情報公開内容の追加(62条)

・行政処罰の期限と罰金額が改訂された(67条)